龐煖(ほうけん)とは

龐煖(ほうけん)とは - 龐煖の説明・意味・まとめ 龐煖は中国戦国時代の趙の将軍。 概要 龐煖は中国戦国時代の趙の将軍。史実 趙の悼襄王のもと、名将廉頗が出奔後の筆頭将軍として合従軍を指揮するなど、文武に優れ将軍であった。キングダム 自らを武神と称する大柄な男で、普段は人里離れた山奥...

龐煖は中国戦国時代の趙の将軍。

目次

概要

龐煖は中国戦国時代の趙の将軍。

史実

趙の悼襄王のもと、名将廉頗が出奔後の筆頭将軍として合従軍を指揮するなど、文武に優れ将軍であった。

キングダム

自らを武神と称する大柄な男で、普段は人里離れた山奥で腕を磨き続けている。

長いざんばら髪と、過去王騎に敗れたときに付けられた顔の傷が特徴の求道者である。

龐煖の名言

我 武神 龐煖也

- 龐煖

兵も軍も趙も秦も取るに足らぬただの小事

- 龐煖