齋藤孝とは

齋藤孝とは - 齋藤孝の説明・意味・まとめ

目次

齋藤孝の名言

孤独を明確に言語化した(文学)作品に触れると、少なくとも私たちは孤独感を共有する誰かとつながることができる。しかもつながっている先は、偉大な先人たち、文学のビッグスターだ

- 齋藤孝

挫折しかけた場合には、夢の方をちょっとずらしていくなど、大人の工夫が大事になる

- 齋藤孝

寂しいとき、人は自信を失いやすい。そんな中でも自分を勇気づけてくれる力は自己肯定力をおいて他にない。その最たるものが自己絶対視である

- 齋藤孝

苦しいことのあとに楽しいことがあると、一層楽しく感じます。しかし、楽しいなあと思っているうちに、また辛いことが起きる。そのとき、楽しいことと苦しいことは磨き合わされるのです

- 齋藤孝

禅の修行に瞑想があるが、瞑想とは結局自分の動作一つ一つに意識を払い、呼吸していることさえも忘れない超覚醒状態を指す

- 齋藤孝

年齢によって人生と夢との折り合いのつけ方は変えた方がいい。それがうまくできないと、自分はだめな人間、夢を実現し切れなかった人間として、結局いつまでも自己否定してしまう

- 齋藤孝

孤独の時間にどうやって精神的な豊かさを培ったかで、魅力には差がつく

- 齋藤孝