諏訪貴子とは

諏訪貴子とは - 諏訪貴子の説明・意味・まとめ

目次

諏訪貴子の名言

(会社や社長の悪口を言う悪口会議を行なったが)

- 諏訪貴子

ダイヤ精機の二代目に生まれて良かった

- 諏訪貴子

最初は励ますという意味で(社員との交換日記)始めたんですけど

- 諏訪貴子

(社長として社員より)上の立場に立ちたいなんて思ったことありません

- 諏訪貴子

女性は女性らしく働くべきだなということを、社長に就任して4〜5年目くらいで思えるようになりました。私は私でいい

- 諏訪貴子

ピンチの時に全力で助けることで親子の信頼関係が生まれると思っています

- 諏訪貴子

(社長就任後)苦しい苦しいって思ってたんですけど

- 諏訪貴子

(社長就任時)不安というよりも、やらなければいけないという気持ちでした

- 諏訪貴子

小さい頃から町工場が身近にある環境で生きてきて、働いている人は皆輝いて見えました

- 諏訪貴子

私は突拍子もないことをやりますが、最初は社員さんに理解されなくてもいいと思うんです。でも結果を残していけば、次にする突拍子もないことは期待になっていく

- 諏訪貴子

コミュニケーションを仲良くなることと勘違いしている人が多いように思います

- 諏訪貴子

社員の性格や資質に合った教育をしてきたことが、ダイヤ精機の社員定着率の高さにつながったのだと思います

- 諏訪貴子

人と話すのが苦手だったのでそれを克服しようと、結婚式の司会の仕事の勉強をするようになりました

- 諏訪貴子

元々憧れていた専業主婦に3日で飽きてしまった

- 諏訪貴子

ひたすら新人のモチベーションをアップすることを心がけます

- 諏訪貴子

男の子のように育てられたので、車やバイクが好きで、大学にもバイクで通学していました

- 諏訪貴子

(社長就任して間もない頃)

- 諏訪貴子

社長だけではなく、周囲の社員すべてが同じ意識を持っていないと、新人を成長させることはできません

- 諏訪貴子

社長というのは、認める側なのです

- 諏訪貴子