湯澤剛とは

湯澤剛とは - 湯澤剛の説明・意味・まとめ

目次

湯澤剛の名言

身体がホームに入ってきた電車に向かってふいに傾いたかと思うと、私は知らぬ間に線路に飛び込みそうになっていた。嘘だと思われるかもしれないが、私は今でもホームの列の一番前には立たない

- 湯澤剛

週末に雨が降るとなれば気がおかしくなりそうだった。テレビで「金土は強い雨になりそうです」などと話していると気分が落ち込んで画面をまともにみられなくなった

- 湯澤剛

週末に天気が悪くなると目に見えて客足が減り、数百万円単位で入金が変わってくる。それは月曜に払うお金がなくなることを意味する

- 湯澤剛

計画の未達は評価を下げる。計画は達成できる範囲の目標設定にとどめ、地に足の着いたものにした

- 湯澤剛

できない約束をしなくてはならないことが辛かった。「これしか払えない」と正直に言うと納得してくれないのだ。だからできない約束をしてまた謝ることになる

- 湯澤剛

(キリンビールで)私がやっていた仕事は他の社員が引き継ぎ、何事もなかったかのように回り始めた。あの突きつけられた現実、「代わりはいくらでもいる」という現実はショックだった

- 湯澤剛

今でもよく考えるのだ。あの巻き込まれていく感じは何なのだろう。あの時点で私はどうすればよかったのか。どうすれば借金を承継しないで済んだのだろうか

- 湯澤剛

こうして酒を飲んでいる2時間あまりの間にも、私の会社には3万円以上の金利が発生し、元本と合わせると8万円以上の支払いが必要になっている。眩しく見える同僚を前にするのも辛かった

- 湯澤剛

朝の来ない夜はない

- 湯澤剛

働く人が激減する時代がすぐそこに来ているわけですから、大企業の飲食チェーンはこれからは働く人を確保することがほんとうに難しくなるでしょう。家族経営の時代が来るのではないかと感じています

- 湯澤剛

ユサワビジョンというものがありまして、仕組みをつくって、人が輝く、人が成長する会社になるということを掲げています

- 湯澤剛

私自身に野望はなくて、20店舗20億で、ここで働くみんなが幸せであることが最大の目標です

- 湯澤剛

働いてもらう人から選ばれる会社にならないといけない時代がもうすぐそこに来ています

- 湯澤剛

本当の意味で差別化、それはイコール人が一番大切だと考えています

- 湯澤剛

我々のようなアルバイトの方に働いてもらうビジネスは、15年後に成り立たないような状況です。ですから今後の事業展開を考えると拡大のような選択肢はとれないです

- 湯澤剛

今、(社員を)育てるためにも任せてゆくことをやっています。とにかく、任せて、自分たちで考えて、自分は気づかせ屋になって、自分で気づいて育っていく

- 湯澤剛

理念志向だけでも業績に反映しなかったり、業績志向でいっても、結局は問題にぶつかってしまう。良い会社は理念がきちんと浸透していて、そのことが業績にもプラスに働いている会社ですよね。いま、湯佐和は「よい会社」に向けて経営を心がけています

- 湯澤剛

経営をやるとしたら何が大事かと考えたときに、まずは一緒に働く仲間に自分も含めて成長して幸せになりたい。もう一つは、地域に必要とされるお店や会社になりたい、と

- 湯澤剛

それまでやってきた自負やプライドなどを置いておいて、まっさらの気持ちで、生まれたきたのがこの理念です。「人が輝き 地域を照らし 幸せの和を拡げます」

- 湯澤剛

経営者として変わらなければいけないと思い、利益も安定してきてましたので社員に還元してゆこうと決意しました

- 湯澤剛

ノートに社員の会話も記録して、次回会うときには「この前◯◯と言ってたけど、大丈夫か?」など声をかけていました。そのようなことを続けるうちに、心を開いてくれる人が増えてきましたね

- 湯澤剛

経営学の理論とはまったく逆ですが、走り回って一人ひとりとやり取りをして、全員の面倒を見るんだという覚悟で臨んだことが効果がありました

- 湯澤剛

居酒屋のように滞在時間の長い業態は、人が売上、利益を左右します

- 湯澤剛

飲食は、人の力なんですよね。飲食業はピープルビジネスと言われるのは、その通りだと思います

- 湯澤剛

2店舗であげていた利益をお店を1つに集約することによって凌駕することは当たり前で、場合によっては3店舗を1店舗に集約しながら利益は3店舗分の利益を上げるということもありました

- 湯澤剛

飲食業界は競争要因が沢山あります。立地だ、価格だ、客層だ、料理の内容だ・・・と差別化の要素がたくさんある業種です。また特に居酒屋は優位性の確率の可能性が低い業態なんです。スケールメリットが効きづらいので

- 湯澤剛

飲食業はビジネスの中心が人ですから、店舗が増えれば増えるほど人が多くなり、人の管理が増えてスケールディメリットが出てしまいます

- 湯澤剛

荒くれ者の板前さんたちと付き合うということをやってきたのが、実は最大の差別化でもあります

- 湯澤剛

苦しい時に意思決定すると、一見正解と思える決断も、心の奥底では逃げだったり、自分都合だったすることがあるんですよね

- 湯澤剛

来店経験を作れれば、たいして良い店でなくても、お客様の失敗したくないという不安を解消できるので、また来てくれるだろうと考えていました

- 湯澤剛

うちは、1番手2番手を目指す力がなかったことや、そこを目指すリスクもありましたので、3番手、4番手でお客さんに思い出してもらえるお店になろうよ、という話をしていました

- 湯澤剛

男性は、まずそのお店に行ったことがあるということが大事で、決定的な失敗がなくて、行ったことがあれば、ま−いいじゃんという2番手、3番手の選択肢でも来てくれる。それであればうちでも来てもらえるだろうと考えました

- 湯澤剛

プロセスに集中することに切り替えることが大切だと思います。プロセスは積み重ねていけるものなので

- 湯澤剛

借金を減らすということだけを経営の目的に据えていたら、仮に借金が増えてしまったらもう心折れてしまいますよね

- 湯澤剛

5年間、1827日、365日を5回とうるう年分の2日の合計の日数の間、会社を潰さないようにしようと決めました。この間、会社がうまくいかなくても、借金が逆に増えようが、いいんです。とにかく、その時の私の目的は「5年間を終わらせること」でした

- 湯澤剛

結果が見えないことってありますよね。努力しても努力しても結果がでないこと。一歩踏み出しても出来ないんじゃないかな、という不安な時ってありますよね

- 湯澤剛

5年間やれるだけやってダメだったら、辞めようと心を決めました

- 湯澤剛

一点突破、全面展開しかない

- 湯澤剛

一点突破

- 湯澤剛