曹操とは

曹操とは - 曹操の説明・意味・まとめ

目次

曹操の名言

将たるものは、怯弱の時あるべし。ただに勇をたのむべからず

- 曹操

危うきに乗じて、もって倖を求む

- 曹操

法を制して自らこれを犯さば、何をもって下を帥いん

- 曹操

姦邪朝に盈ち、善人壅塞せらる

- 曹操

戦にも負けてみるがいい。敗れて初めて覚り得るものがある

- 曹操

青梅、酒を煮て、英雄を論ず

- 曹操

漢中は鶏肋のようなものだ

- 曹操

董卓のような逆賊に手を貸すような真似は天地が逆さになってもありえません

- 曹操

燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや

- 曹操

山は高きを厭(いと)わず 海は深きを厭わず 

- 曹操

今、天下の英雄は、ただ使君(しくん)と操とのみ。本初(ほんしょ)の徒、数うるに足らず

- 曹操

君に事(つか)えてその本を忘れざるは、天下の義士なり

- 曹操

私は、こうなることが、分かっていた。自分が聖人だから、というわけではない。ただ、天下のことを、経験してきたからだ

- 曹操

功なき臣を官せず、戦なき士を賞せず

- 曹操

快楽に溺れる人生ほど、詰らない人生はない

- 曹操

唯才有らば、是れを挙げよ

- 曹操

成功には、粘り強さより、大切なものはない。粘り強ければ、いかなる障害も越えられるから

- 曹操

月旦を以って、各自、欠点を省みよ。わたしも、必ず、それに、目を通そう

- 曹操

どんな職業でも成功すれば、妬みを買うものだ

- 曹操

金を手にして好い気になるのは、愚か者だけ

- 曹操

将なる者、ときに、臆病であるべし。いたずらに、勇猛になるべきではない

- 曹操

十セントを大切にしないから、十セントで雇われてしまうのだ

- 曹操

事業は、我がためより、他のためから、出発せよ

- 曹操

失敗の責任は主君に、成功の功績は家臣に

- 曹操

おまえたち、そんなに、私を見たいか。目が四つ、口が二つ、あるわけではない。わたしも人間だ、ただ智に長けているのみ

- 曹操

事業の成功に、奇跡が入る余地はない。永遠の成功とは、自分を信じられること

- 曹操

進取なる者が、正義であるとは限らず、正義なる者が、進取であるとは限らない

- 曹操

成功したければ、踏みならされた道を選ぶな

- 曹操

天下の知恵を集めて、天下の道理に従って、どうして、天下に出来ないことがあろうか

- 曹操

私は、いかなる逆境も、好機に変える努力をした

- 曹操

天下の人に背くとも、天下の人を背かせはしない

- 曹操

大きな仕事を手軽にやってのけるのが、大事を成す秘訣

- 曹操

政治こそ、人間の仕事のうちで、最高な理想を行いうる大事業だ

- 曹操