宮本武蔵 著『五輪書』よりとは

宮本武蔵 著『五輪書』よりとは - 宮本武蔵 著『五輪書』よりの説明・意味・まとめ

目次

宮本武蔵 著『五輪書』よりの名言

体の力は入れない。手や肘が固まっていては素早く剣を出すことができなくなる。力を入れるところは、うなじ、剣を握る小指と薬指(親指、人差し指は浮かす様に、中指は軽く握る)、膝から下つま先まで。腕の上腕は弱く、下筋は強く持つ

- 宮本武蔵 著『五輪書』より

屈む姿勢は悪い。相手に優越感と余裕を与える。丈比べの様に姿勢は伸ばす。顔は正面を向き、肩を張らず、膝の力を抜いて、腹は少し出すようにする

- 宮本武蔵 著『五輪書』より