三木谷 浩史とは

三木谷 浩史とは - 三木谷 浩史の説明・意味・まとめ

目次

三木谷 浩史の名言

浮き沈みはこれからもあるかと思うが一歩先回りをして勇気を持って踏み込んでいくことが大事

- 三木谷 浩史

あらゆる仕事は、一種の戦争なのだ

- 三木谷 浩史

大事なのは、動くために考え、考えるために動くこと

- 三木谷 浩史

社会は川のようなもので、一瞬足りとも静止することはない

- 三木谷 浩史

楽天を始めたころ、私が思ったのは「最大のコンテンツはコミュニケーションだ」ということでした

- 三木谷 浩史

スキルとは、すなわち能力

- 三木谷 浩史

竹に節目があるのは大きく成長するためだ。企業にもそういう節目を作るべき時がある

- 三木谷 浩史

ビジネスにおける信頼関係の重要性は、過去とは比較にならないぐらい大きくなった

- 三木谷 浩史

高級スーツに身を包み、気取って話をするより、汗をかきながらでも一生懸命に話をした方が相手がよく聞いてくれることを、僕は経験から学んだ

- 三木谷 浩史

人間は目標を決めた当初は一生懸命頑張るけれど、放っておけば時間の経過とともに意欲が低下してしまう。それはある程度は仕方がないことだ。だから僕は毎週朝会を開く。朝会は日々改善するという目標を再確認するためのひとつの仕組みなのだ

- 三木谷 浩史

僕は普段から社員に対して「自走する社員になれ」といっていて、自ら考えて、自ら行動する社員になってほしいと思っています。そうしないと楽しくないでしょ。人生の大半を使う仕事というものは、やっぱり楽しくなくちゃ。僕は楽しんでいますよ。これからも楽しみたいと思います

- 三木谷 浩史

仕事が生きがいという以上に、素晴らしい人生はない

- 三木谷 浩史

達成感の共有は、企業を育てる原動力だ

- 三木谷 浩史

これからの企業は、ひとつの国のようなものになるだろう

- 三木谷 浩史

ひとつの分野で勝利したら、具体的に何が原因だったかを分析して、そのパターンを他の分野にも横展開する

- 三木谷 浩史

楽天市場の競争者は、事実上ゼロだった

- 三木谷 浩史

みんなが成功するとわかった時にはもう遅い

- 三木谷 浩史

ナレッジは知識、ビジネスにおいて、様々な知識が役に立つことは言うまでもない

- 三木谷 浩史

パンドラの箱の底に、希望という名の妖精が隠れていたように、希望の種は必ずどこかにあるものなのだ

- 三木谷 浩史

銀行とか商社とか大企業が日本を変えたり、社会を作っていくという時代はもう終わった。これからはむしろ個人や中小企業が、既成事実を積み重ねて新しい社会を作り、日本を変えていく

- 三木谷 浩史

自分がやらなければ、この会社は潰れる。そのくらいの危機感を持って、仕事に臨むべきだ

- 三木谷 浩史

子どもが親を作るというのと同じ意味で、後輩が先輩を作るのだ

- 三木谷 浩史

成長の踊り場という節目を、あえて自分たちの手で創ることによって、さらなる大きな成長を目指すのだ

- 三木谷 浩史

大雑把に考えて、一日の70%は無駄なことをしていると、思った方がいいくらい、人は無駄なことをしている

- 三木谷 浩史

企業が老化するというのは、このリソースアロケーションが、ある種のルーティーン化してしまうということと関係があるような気がしてならないのだ

- 三木谷 浩史

世界のビジネス界において「カイゼン」という言葉は、一番よく知られた日本語のひとつでもある。それは使い古された言葉だけれど、太陽が何千回地平線から昇ろうと太陽のことを古いという人がいないように、改善という言葉は人間がビジネスをしていく限り永遠に使い続けられるはずだ

- 三木谷 浩史

様々な角度から分析せよ

- 三木谷 浩史

不調なときでも、成功している人(部署)を探し、分析せよ

- 三木谷 浩史

協調するだけでは、緊張感が失われる。競争だけでは、チームワークが乱される

- 三木谷 浩史

かつて、人は政治と戦争によって、新しい秩序を創り上げた。もはやそういう時代は過去になりつつある

- 三木谷 浩史

マインドは仕事への意欲と言い換えてもいい。仕事に対するあらゆるモチベーションの源泉だ

- 三木谷 浩史

自己の成長をしることに優る、人生の喜びはないからだ

- 三木谷 浩史

自分の周りを探せば、答えはたいてい見つかる

- 三木谷 浩史

何の理想も信念もなく、ただひたすら企業のために身を捧げるという時代はすでに過去のものになったと僕は思っている

- 三木谷 浩史

いつかは分からないけれど、終わりは確実に来るのだ

- 三木谷 浩史

挑戦する心を失ったら、仕事の喜びの大半は消える

- 三木谷 浩史

僕はまず『そもそも論』を考えるべきだと思う。どんな仕事のときでも「そもそもこの仕事はなんのためにするのか」を考えろということだ。いつもそう考える癖をつけておけば、それが仕事のアイデアに繋がっていく。改善のための仮設も自然にわいてくるはずだ

- 三木谷 浩史

小さくてもいいから、成功を積み重ねることだ

- 三木谷 浩史

失敗を恐れません。なぜ恐れないかというと「失敗しても大したことがない」と思えるようになったからです

- 三木谷 浩史

1日0.1%の改善でも、1年間続ければ44%もの改善になる

- 三木谷 浩史

自分がやるとなぜうまくいくのか。それを徹底的に分析し、もう一度自分で理解した上で、部下に伝えることの出来る教育者でなければならない

- 三木谷 浩史

考えるために、自分は行動する

- 三木谷 浩史

歴史を振り返ってみれば過去にいくらでもヒントはあるのに、先入観や固定観念に左右されてなかなかそこからは学べないのが人間というもののようだ。けれど、その盲点がビジネスをする人間にとってはチャンスでもあるわけだ。誰も気がついていないからこそ、アイデアの源泉になり得る

- 三木谷 浩史

リーダーとは指揮官であり、教育者であり、戦略家である

- 三木谷 浩史

ビジネスで成功するかどうかのカギは、結局のところ、仕事を人生最大の遊びにできるかどうかだ。ホモ・ルーデンス(遊びの人の意)、人間は遊ぶ動物なのだ。人間は遊んでいる時が、最大の創造力を発揮する動物なのだ。仕事を人生最大の遊びにできれば、人は誰でも有能なビジネスマンになれる

- 三木谷 浩史

物事の本質を見極めるのは、哲学者だけの仕事ではない

- 三木谷 浩史

才能に恵まれているばかりに、その才能だけで誤魔化して、努力というか勉強をしない人があまりにも多い

- 三木谷 浩史

仕事の本質は自分で問題を発見することだ

- 三木谷 浩史

このビジネスでは、競合に気をとられて浮足立つというのが一番危険

- 三木谷 浩史