ミシェルオバマとは

ミシェルオバマとは - ミシェルオバマの説明・意味・まとめ

目次

ミシェルオバマの名言

苦労と努力を怠らなければ、常に進歩することができるのです

- ミシェルオバマ

相手が酷い仕打ちをしたり、いじめっ子のように振る舞っても、私たちまで品格を落とす必要はありません

- ミシェルオバマ

勇気を失わないこと

- ミシェルオバマ

もがき苦しみ、もう諦めてしまおうと思った時、思い出してください。希望の力を

- ミシェルオバマ

希望を持ってください。自信を持ってください。良い教育を受けて力をつけてください

- ミシェルオバマ

恐れず、意識を高く持って下さい

- ミシェルオバマ

自分は虐げられているとか、国民の一員としてみなされていないなどと思う必要はありません。あなた方は立派なアメリカ国民なのです

- ミシェルオバマ

(ファーストレディとして)私は皆さんに誇りを持っていただくお手伝いができたと思います

- ミシェルオバマ

誰もが大統領になれる可能性があります

- ミシェルオバマ

何を起こさないべきかではなく、何を起こすべきかによって決断する

- ミシェルオバマ

子どもたちには正しい価値観を身につけて欲しい

- ミシェルオバマ

(我が子が)怒りをコントロールできないような人や復讐に燃えるような人になって欲しいですか?

- ミシェルオバマ

恐怖心からやる気は生まれません

- ミシェルオバマ

若く賢い女性の真価を認めるにはおバカすぎる男の子と、一緒にいたくはないわよね

- ミシェルオバマ

恐れに基づいて決断を下してはいけません。希望と可能性に基づいて決断するのです

- ミシェルオバマ

人生には3人の友人が必要です。

- ミシェルオバマ

私は学業に全力を注いでいたわ。朝の4時や5時に起きて勉強をしていたほど

- ミシェルオバマ

(旦那さんのオバマ氏について)私に比べると複雑な生い立ちを持つ人間なのに、しっかりと地に足が着いていた

- ミシェルオバマ

(旦那さんのオバマ氏について)昔から実用本位の人だった

- ミシェルオバマ

もがいていて、自分たちに問題があると思っている若い人たちを私は知りすぎるくらい知っている

- ミシェルオバマ

女の子が教育を受けられない理由のひとつとしては、教育を受けられる条件が周りに揃っていないこと

- ミシェルオバマ

(流産した際)孤独感と喪失感でいっぱいで、自分のせいだと思っていました

- ミシェルオバマ

自分の幸せは自分にかかっているということ

- ミシェルオバマ

女性に達成できないことなんてない

- ミシェルオバマ

大学に通うのは大変なこと。でも毎日私は出会うの。教育のおかげで生活が激変した人達にね。私の生活もそう、教育のおかげで変わった

- ミシェルオバマ

私たちにとってカップルカウンセリングは自分たちの違いについて話しあうことを学ぶ方法の1つだった

- ミシェルオバマ

それまでの私は、人がたくさんいる中で目立つことは決してなかった。教室でもね。肌が黒いからよ。でも親しい友人ができ、メンターもついてくださった。そして自信をもたせてもらったわ

- ミシェルオバマ

娘に誇りを持って生きて欲しい

- ミシェルオバマ

子どもに大きな夢を持たせたい

- ミシェルオバマ

(大統領選の選挙活動)私の人生で最も実り多い経験です

- ミシェルオバマ

(大統領選の選挙活動時)信念と忍耐と犠牲を伴う旅でした

- ミシェルオバマ