スティーブン・R・コヴィーとは

スティーブン・R・コヴィーとは - スティーブン・R・コヴィーの説明・意味・まとめ

目次

スティーブン・R・コヴィーの名言

大きな成果を出す人は問題点に焦点を合わせていない。チャンスに集中しているのだ

- スティーブン・R・コヴィー

人間関係におけるほとんどの問題は、役割と目標を取り巻くあいまいな期待、あるいはお互いの期待像の相違に端を発している

- スティーブン・R・コヴィー

真の成功は人格を育てるところから始まる

- スティーブン・R・コヴィー

人は挫折や失望する出来事によって死ぬのではなく、それに対抗する免疫の弱さによって死ぬのだ

- スティーブン・R・コヴィー

失敗するリーダーの90%は人格に原因がある

- スティーブン・R・コヴィー

成長を続けるためには、私たちは学び、決断し、実行し、そして、なおも学び、決意し、実行しなければならない

- スティーブン・R・コヴィー

自分の任務とは何か?

- スティーブン・R・コヴィー

才能があって精力的で、独創性のある人間を解き放って重要な仕事を与えると、それを実現する方法は自分で見つける

- スティーブン・R・コヴィー

多くの人は誰かが助けてくれることや、何かが起こることを待っているだけ

- スティーブン・R・コヴィー

人間を構成するのは肉体、知性、精神、情緒

- スティーブン・R・コヴィー

間違いを犯すことは一つの問題であるが、それを認めないのはもっと大きな問題である

- スティーブン・R・コヴィー

人生の重要事項と人生を司る原則を決めましょう

- スティーブン・R・コヴィー

他人の考え方を真に理解するというのは、非常に困難で心をかき乱される経験です

- スティーブン・R・コヴィー

理解する努力をせず、理解したフリをする人も多い

- スティーブン・R・コヴィー

誠実で安定した心を持ち、リスクを伴う人生に対し、Win-Winの考え方を持ちます

- スティーブン・R・コヴィー

価値観とは違い原則は変わりません

- スティーブン・R・コヴィー

重要なブレイクスルーは決別から始まる

- スティーブン・R・コヴィー

私にとって非常に重要なのは、次の二つの概念です。

- スティーブン・R・コヴィー

常に何かに対してNOと言える気構えを心に留めておくべきである

- スティーブン・R・コヴィー

変えられない状況に対して、気に入らなくても笑顔を作り、穏やかな気持ちでそれを受け入れるのである

- スティーブン・R・コヴィー

毎日その最も大切な事柄を優先する形で自己管理をすれば、人生は何と大きく変わってくることだろう

- スティーブン・R・コヴィー

人格とはそれほど大切なものであり、会社においても家庭においても、一人一人に対して愛と人生の根本的な法則を守ることこそが人間関係にとって必要不可欠なことなのである

- スティーブン・R・コヴィー

場当たり的な詰め込み主義で作業することの愚かさを考えたことがあるだろうか

- スティーブン・R・コヴィー

最終的に良い仕事に就けるのは、主体的に問題解決に貢献している人だけなのである

- スティーブン・R・コヴィー

誠実さを示す重要な方法の一つは、その場にいない人に対して忠実になることである

- スティーブン・R・コヴィー

人生で唯一最大の結果を生み出す投資は、自分自身に投資することだ

- スティーブン・R・コヴィー

優先課題に「イエス」と言うには、一見重要に見える緊急な活動に「ノー」と言わなければならない

- スティーブン・R・コヴィー

自分の生活の中心に置くものが何であれ、それは自分の安定性、方向性、知恵、ならびに力の根源になる

- スティーブン・R・コヴィー

人は変わらざる中心がなければ、変化に耐えることができない

- スティーブン・R・コヴィー

自分の考え、経験、思いつき、学んだことなどを記録として日記につけることは知力の明瞭性、正確さなどを向上させる

- スティーブン・R・コヴィー

あなたはどんな状況下でも、自分がどう影響されるかを自分で選択することができる

- スティーブン・R・コヴィー

最も大切なことは、最も大切なことを、最も大切にすることである

- スティーブン・R・コヴィー

私たちが目標を達成するには二つしか方法はない。時間を投入して自分で実行するか、他の人に仕事を任せるかのどちらか

- スティーブン・R・コヴィー

学んでおいてやらないのは、学んだことにならない

- スティーブン・R・コヴィー

信頼されることは人間にとって究極の動機づけである。それは人の最善の姿を引き出してくれるものである

- スティーブン・R・コヴィー

収穫の法則というものがある。蒔かれたものを刈り取ることができるということであって、それ以上でも、それ以下でもない。自然の法則は不変であり、正しい原則に生活を合わせれば合わせるほど、我々の分別は高まり、世界の本当の構造を理解でき、パラダイムは正確なものになってくる

- スティーブン・R・コヴィー

リーダーシップを発揮するためには、主に右脳を活用することになる。それは技術というより芸術であり、科学というより哲学である

- スティーブン・R・コヴィー

許すことには、忘れる、思い切る、前に進むという行為が必要となる

- スティーブン・R・コヴィー

最大のリスクはリスクのない人生を送るリスクである

- スティーブン・R・コヴィー

習慣によって無意識のうちに生活のパターンが決められ、人格が育成され、そして生活そのものが効果的あるいは非効果的なものになってしまう

- スティーブン・R・コヴィー

人生に立ち向かうために、そして貢献するために使える道具は自分自身しかない

- スティーブン・R・コヴィー

自分自身の内面を変えることから全てが始まる

- スティーブン・R・コヴィー

効果的な目標設定とは、活動や手段よりも、最後に到達する結果の方に重点を置くものだ

- スティーブン・R・コヴィー

「与える人」が最も豊かになれる

- スティーブン・R・コヴィー

信頼とは行為であり状態でもある

- スティーブン・R・コヴィー

近道を探すことは結局、落胆とフラストレーションをもたらすだけである

- スティーブン・R・コヴィー

質の高い仕事をする価値観を持っていれば、天気がどうあろうと関係ない

- スティーブン・R・コヴィー

与えられた環境でどう振る舞うか

- スティーブン・R・コヴィー

問題は自分の外にあると考えるならば、その考えこそが問題である

- スティーブン・R・コヴィー

自分の無知を認めることが教育の第一歩である

- スティーブン・R・コヴィー

困難に直面した人は、従来とまったく違った見地から世界、自分自身、周りの人、自分に要求されている事柄を見るようになる

- スティーブン・R・コヴィー

相手の罪を責めたり、対立したり、ライバルと戦ったり、政治的なゲームをやったり、自分の立場を守ったり、相手がどう出るかで悩んだりすることに、どれだけの時間を費やしているだろうか。それはまるで、ブレーキを踏んだままアクセルも踏んで前進しようとしているようなものである

- スティーブン・R・コヴィー

後回し、短気、批判、わがままなど、生活を支える原則に反する深く根づいた癖を捨てることは、弱い意志とわずかな努力だけでできるものではない

- スティーブン・R・コヴィー

主体性を持つということは率先力を発揮するだけでなく、人間として自分の人生に対する責任を取るということ

- スティーブン・R・コヴィー

人間関係づくりに最も大切な要素は、私たちが何を言うか、何をするかということではなく、私たちはどういう人間であるのかということ

- スティーブン・R・コヴィー

主体的な人はすぐに間違いを認めて自己修正を図り、そこから得られる教訓を学ぶ

- スティーブン・R・コヴィー

本当の安定とは財産を持つことではなく、財産を作り出す能力を持つことである

- スティーブン・R・コヴィー

問題の見方こそが問題なのである

- スティーブン・R・コヴィー

私たちの人格は、繰り返される習慣の結果として育成されるものである

- スティーブン・R・コヴィー

成功者たちの共通点は、成功していない人たちの嫌がることを実行に移す習慣を身につけているということ

- スティーブン・R・コヴィー

人は心のあり方の間違いに対しては容易に許そうとはしない

- スティーブン・R・コヴィー

収穫の法則──蒔いたものしか刈り取ることはできない。そこに近道はない

- スティーブン・R・コヴィー